最初は優しく接してくる闇金

最初は優しく接してくる闇金

闇金というと、最初から高圧的で脅迫的な対応を取ってくるものというイメージがあるかと思います。

 

しかしながら、実際にはその逆です。

 

最初はこれでもかというほど優しく接してくるのです。

 

だからといって、闇金に心を許してはいけません。これは闇金の甘い罠なのです。

 

最初は優しく小口の融資から

 

非合法な貸金業者はチラシやFAX、迷惑メール等、普通の広告とは異なる手法を展開し、借り入れのある人のところへ電話をかけたりして、獲物を探しています。

 

闇金というと怖いイメージがあるかと思いますが、最初は本当に闇金とは思えないほどに優しく接してきます。

 

「無担保での融資」「即日融資」「低金利」「ブラックの方でもOK」といった魅力的な謳い文句と優しい対応で、獲物を引きずり込んでいくのです。

 

ただ、いざ借り入れをする段階になると、いきなり希望の金額の貸し付けはおこないません。

 

「他に借り入れがあるから審査で引っかかる」「まずは信用を見たいので少額から」「取引実績を作ったら、次から希望額を融資できる」と言葉巧みに少額での貸し付けをおこないます。

 

これで少額の短期融資へと持っていくのです。お金に困っていると、藁にも縋る思いでこういう提案に載ってしまうのです。

 

少額の短期融資から歯車が狂っていく

 

少額の短期融資を受けてしまうと、もう最後です。そこからどんどん歯車が狂っていくことになります。

 

返済できないような高金利を乗せてくるのですが、「利息だけでも」といって利息だけを払わせ、返済期間を延長していきます。

 

どこかおかしいと思っていても、実際にお金を貸し付けてもらえるということで要求を飲むしかないのです。

 

闇金というのは、被害者が要求を飲むしかない状況にあることをわかった上で、無理な要求をしているのです。

 

弱みにつけこむ、あくどいやり方です。

 

本来であれば、闇金からの貸し付けというのは返済する義務もありませんし、ましてや債務整理をする必要もありません。

 

しかしながら、この時点でそういうところまで頭を巡らせることのできる被害者というのはいないでしょう。

 

そういう余裕がないからこそ闇金とわからないままに申し込みをしてしまったというケースもあるかもしれませんが、違和感を覚えるタイミングというのは確実にどこかであるはずなのです。

 

こんな悪質極まりない手口ですが、以外にも警察は民事不介入として取り扱いには積極的とは言えませんし、債務整理の専門家でも闇金被害については相談に乗らないという事がよく有ります。

 

下記の比較サイトでは、この事案に特化した事務所を紹介しているだけでなく、債務に関する情報を網羅していますのでとても参考になります。