店舗型のクレジットカード現金化を利用する意味はない

店舗型のクレジットカード現金化を利用する意味はない

クレジットカード現金化はショッピング枠を利用する事に意味が有りますので、商品を取り扱う場所はリアル店舗だろうがネットショッピングであろうが関係が無くなってきています。

 

店舗型を使う理由の主な理由は、店員の顔が見たい、これに尽きるようで、サービスについて調べると無店舗型は少し怖いイメージがどうしても拭い切れないのは確かで、とにかく直接顔を合わして説明してくれることを希望する方が多いようです。

 

顔が見えるから安心・・・しかし、換金を達成する為には商品購入が必要不可欠な手順となりますが、店舗型の場合ですとその場でクレジットカード決済を行う事は無く、「どこどこのお店でこの商品を買ってきてください」、もしくは「これからウェブ上でこの商品をクレジットカード決済で購入し、配送先をこちらにしてください」という具合に指南され、商品の確認や購買を確認した後に現金を渡しているようです。

 

買取型の仕組みが実店舗型の特徴とも言えますが、指定される商品のほとんどが換金性の高い商品で有る事に気付きませんか?家電やブランド品、商品券や各種乗車券など、業者としても後に売り捌けやすい品物を選定されますので、必然的に換金性の高い商品を購入する運びになります。

 

これはあまり比較サイトでは発信されていない情報かもしれませんが、国内で決済するほとんどの明細を見ますと、どこで購入したのか、その会社名は、その商品は・・・すべて日本語で分かるようになっており、これは自分自身の利用明細をご覧になっていただければ明白に理解できます。

 

つまり、発行元のクレジットカード会社も何に対して決済を行ったのか把握して居るという事で、実店舗型の場合ですとクレジットカード現金化目的に利用した事がバレやすいと言え、無店舗型の場合ですと国内の決済代行会社を利用する事が審査上厳しいのか、これは実際に無店舗型を利用した人にしか分からないのですが、無店舗型の多くでは英語表記や記号のランダムな記述など、パッと見では何をどこで購入したか分からないように明細が挙がるのです。

 

これについて無店舗型業者に問合せをしたところ、答えてくれないところもあれば安全対策の為と答えてくれるところも有ったり、決済に関わるトラブルのリスクヘッジの為に電子ギフト券を利用するところもあるようです。

 

同じ換金を目的としたサービスであっても、工程は違うからこそ特定した規制が難しく、優良と言われるところもあれば悪質と言われるところも有るのは必然であると言えます。

 

しかし、その判別は簡単には出来ませんので比較サイトを基準に考える以外、見極めは容易い事ではありません。