なぜかキャンセル出来ないクレジットカード現金化

なぜかキャンセル出来ないクレジットカード現金化

クーリングオフと呼ばれる、国が定めた消費者保護を目的とした制度が存在します。

 

名前だけは聞いたことのある方は多いと存じますが、これは「頭を冷やす」と言う意味であることまで理解している方は少ないのかもしれません。

 

しかも、全ての業種や商品に当てはめることは出来ず、対象となる商法は以下のようになっています。

  • 訪問販売
  • 電話勧誘販売
  • 連鎖販売取引
  • 特定継続的役務提供
  • 業務提供誘引販売取引
  • 訪問購入

このように、基本的に消費者自身が足を運んで購入する取引については、適用されることが無く、返品・返金・交換につきましては、実はお店側の独自対応となっており、対応しなくても法的には問題がありません。

 

さらに、ネットショッピングにおきましても同様ですが、電子情報という事もあり、事前に返品・返金・交換に関する告知や表示を掲載された上で、消費者が購入した場合は、これもまた制度の適用外となっていますが、逆にその表示が無い場合には8日間以内であれば適用されています。

 

つまり、消費者保護の観点だけでなく、事業者側も一方的な対応を求められる事が無いように作られた「中立的ルール」と言え、双方に決め事を作り、互いに理解した上で行動をしてくださいという事です。

 

何かと消費者に保護の目が行きがちな日本ですが、海外ではよりアバウトに自己責任で購買行動をする事がむしろ普通とも言え、だからこそ、あらゆる製品における日本製の商品が信頼を勝ち得ている理由でもあります。

 

・・・・話が大分壮大になってしまいましたが、クレジットカード現金化におけるクーリングオフとの関わりにつきましては、ショッピング枠を利用する以上、先度挙げた制度適用外の取引が妥当であり、その対応は業者次第と言えます。

 

しかし、私自身もクレジットカード現金化を何度も利用した身でありますので体験談をお話しさせていただきますと、正直キャンセルに応じてくれる業者の数は総じて少なく、ショッピング枠優良店案内所を通して利用した店舗以外は特に対応していないようです。

 

取引に利用される媒介物の違いによってもその対応も変わります。

 

従来の還元や買取であれば、業者独自で対応出来る可能性はあるものの、Amazonギフト券Eメールタイプを直接業者に対して送付する仕組みに置きましては、一度も購入者の手元を介していないために「あげている」ことと同じであり、こうした"買取"を謳う業者のページの多くでは「商品の性質上キャンセルはできません」とまたは「買取商品をコチラが受け取る前」なら大丈夫ですなどの注意書きがあります。

 

コチラが受け取る前、ってことはAmazonに返金を促さなければならないのですが、こちらも実はキャンセルが出来ませんので、購入前が肝心であることを理解してください。