クレジットカード現金化をメリット前提で考えてみた

クレジットカード現金化をメリット前提で考えてみた

クレジットカード現金化業者が運営を続けている理由はただ一つです。

 

利用する人が居なくならないから。

 

どんなに国民生活センターや消費者庁、金融庁が懸念、注意喚起をしたところでこの現状ですし、一時的なキャンペーンを行っただけで特設サイトは今や全く更新されておらず、WEBページの遺産となりつつある状態です。

 

近年になって逮捕者が現れたコトにより、総量規制が施行された年度に最盛期を迎えた業者数も当時と比べたらかなりの減少です。

 

それでも営業を続けているお店の実態・・・気になりますよね。

 

媒介物の取引に合法性があるだけでは営業を続ける事は不可能であり、換金を求める者たちの需要がなければ運営する事も出来ません。

 

業者を支えているのは間違いなく利用者の存在なのですが、どうして彼らはクレジットカード現金化に魅せられてしまうのか、デメリットは何処でも書かれている事なので割愛しますが、当事者にとってのメリットについて考えていきたいと思います。

  • 無審査だから過去の履歴関係無し
  • 職場への在籍確認不要
  • 収入証明書提出不要
  • 貸金業でないから履歴に残らない
  • 取り立てや返済を迫る電話など皆無

換金率なんて言葉があるように、正規の貸金業者から資金調達したほうが手数料的には安く上がるものの、こうしたメリットはお金に代えられない項目として、人気を集めているようです。

 

例えば、現在貸金業から借金をしている方が、また貸金業者を利用しようとした場合には経済環境と残りの債務額から利用を断られるケースが有りますが、クレジットカード現金化ならスムーズに用立てが出来るとして、借金を返済する為に利用する方もいらっしゃるとか。

 

クレジットカード現金化で借金を返したとしても、クレジットカード現金化の債務はどうやって返すのでしょうか(笑)

 

だから自転車操業、利用しないでと言われるのですが当然ですよね。

 

まあ利用する事で問題の解決に繋がる事もあるでしょうし、考え得るリスクも最悪なケースと言いますか、本人が返済を滞らせる事が問題であり、クレジットカード現金化の取引が問題とされる訳では無い事から、本当に自己責任で有る事を十分に理解し、計画を立てて収支バランスを維持し続ける強い意志が必要です。

 

浪費癖からのクレジットカード現金化の利用が一番危険かもしれません。

 

出費をする事にストレス発散やぜいたくを覚えている人ほど、生活レベルを落とす事は出来ませんし、ちょっとくらいいいやと妥協してしまう方もいるからです。