クレジットカード現金化で利用を断られるケースとは?

クレジットカード現金化で利用を断られるケースとは?

クレジットカード現金化は正規の貸金業者で利用を出来る方でも、断られた方も関係なく申込みを受け付けています。

 

貸金業者にありがちな何十個にも及ぶ申込み記入項目が少なく、手続きが簡素でショッピング枠の範囲内が限度額になっている事で非常に分かりやすい仕組みです。

 

しかし、お店によっては利用を断るケースが有る事を某比較サイトにて情報を確認出来ましたので、本当にそんなことがあるのだろうかと、取引内容がグレーと言われているだけに業者は何が何でも利用させようとするのではないかという先入観が有りましたので、実際に問合せをしたりWEBの情報をかき集めてキュレーションしました。

  • 国際ブランドの非対応
  • 国際ブランドとは、VISA・JCB・MASTER・AMEXと言われる名称で、これはクレジットカード現金化に関わらず全ての業種やお店で言えるコトなのですが、契約する決済代行会社の端末が対応してなければ業者としても何も対応が出来ません。

     

  • セキュリティが強いと言われるクレジットカード
  • プロパーと呼ばれる金融機関が発行するクレジットカードで、直接的にクレジットカード業務を行っている会社が提携会社を通さずに管理するので俗に言うステータス性も付いてきますが、換金業者からすると利用停止になり易かったり、決済代行会社でも利用出来ないようにされている事が予想されます。

     

  • 振り込む金が一時的に不足している
  • 現金取引で無い為、お店もスグに売り上げが入ってくるわけではありませんから、新規店や顧客がたくさんいるお店などが資金不足に陥りやすいのではないでしょうか。

     

  • リピーター顧客だけ対応
  • 業者側のリスクを考慮してか、既に利用した事のある顧客にだけというクローズドサービスを行っている場合も想定されます。

     

  • 公的な職業
  • 警察や士業系、探偵やクレジットカード会社に勤めている人は店員からすれば気持ち悪い人と言う事でしょうね。

     

  • 金融機関に口座凍結されている
  • まだ顧客にお知らせしていない場合が多く、業務的都合により閉店も近いかもしれません。

大まかではありますが、このような事が想定されているようですが、消費者の立場からすればどうでも良い話。

 

換金率を高くしてもらい、リスクなく出来る方法をクレジットカード現金化業者には徹底して貰い利用者に利益還元をたくさんしてください、ていうかお金ください!(笑)