クレジットカード現金化を利用する前に考えて欲しいこと

クレジットカード現金化を利用する前に考えて欲しいこと

クレジットカード現金化をする前に、本当に必要な出費に対する換金目的なのか一度精査されるコトを推奨します。

 

換金してまで支払いをしなければならないのでしょうか?欲しいモノに対する出費だった場合、我慢は出来ないのでしょうか?

 

身の丈に合わない出費に悩む事は既に経済環境が良くない証拠でもありますので、当サイトが考えるクレジットカード現金化しなくても良い場面を考えてみました。

  1. 学校関係の出費
  2. たまに世間の制度に疎い親御さんが申込みをされるようで、奨学金という広く開かれた融資制度は親の負担ではなく進学する者に対する融資制度ですので、当人は卒業後借金返済生活に入りますが、進学をする為の資金を調達する目的を果たすことが出来ます。

     

  3. 私利私欲(贅沢や娯楽)
  4. 言うまでもないことですが、金が無いのにギャンブルやブランド品の購入、車の購入をする為に用立てるのはドがつくアホですし、それぞれローンを組むことだって出来ます。

     

  5. 医療費
  6. 最近クレジットカード決済に対応している病院が増えてきており、民間のこじんまりとした病院であれば導入していない可能性が高いのですが、大きな国立系病院では対応が進んでいます。

いかがでしょう?ご自身が換金後に利用しようとしていた用途に適合しましたか?もし該当されている方がいらっしゃいましたら、クレジットカード現金化業者や比較サイトを見る事なく手続きをしてください。

 

お金は命とも言える人間社会ですから、手元の財布にお金が入っているだけで精神的な安心感を覚えます。

 

手持ちのお金が少なくなり、クレジットカード現金化をしようと試みる事は無駄で有り、給料日までの間をクレジットカード決済で凌ぐなどやり繰りは他にもあるはずです。

 

業者は利用者の心情を巧みに利用し、「利用しない方が良いですか」なんて店員に言ってみたところで「手元にあった方が安心ですよ」などと何の根拠も無しに利用させようとしてくるはずであり、店員が利用をするのでは無く、名義人が換金目的で利用する事を知った上での対応となりますので、店員に相談をすることよりも、事前に比較サイトで知恵と知識を付けておくことが賢い選択です。

 

不安要素を挙げたらキリがありませんね・・・。

 

クレジットカード現金化を推奨する比較サイトの中には、こうした事実を包み隠して情報を発信する心無い者もいますので用心してください。