クレジットカード現金化はお手軽な資金調達

困っていると頼りたくなるクレジットカード現金化

クレジットカード現金化を気軽に利用する人が増えてきています。

 

ギャンブルで負けたから、買い物をしすぎたから、遊ぶお金が足りないから、ちょっと今月は借りたという軽い気持ちで利用をしているようですが、クレジットカード現金化を利用したことによって発行元から利用停止や会員資格のはく奪、決済制限をされる可能性があることをご存知ですか?

 

ほとんどのクレジットカード会社の利用規約に「ショッピング枠を利用した現金化を行ってはならない」というような内容が明記されています。

 

結構大きい項目として明記されていることから、クレジットカード会社としてでは無く、業界全体としてクレジットカード現金化は問題視されていることが窺えます。

 

ただ規約に書いてあるだけだろうし自分には関係ないと思ってクレジットカード現金化を利用し続けるとある日泣きを見る羽目に陥る可能性は誰にでも有る事です。

 

クレジットカード会社は毎日膨大な量の決済情報を処理しているので、そうそうばれないと思っていませんか?クレジットカード会社にはショッピング枠を不正に換金目的で利用しているという動きをしているデータを自動的に抽出して保管するシステムが導入されています。

 

クレジットカード現金化の業者を利用していたり、ショッピング枠を限界まで使って購入したものを換金屋などで売っている場合などの情報は全て要注意リストに載る恐れがあると理解してください。

 

とは言え、利用する側としては来月には返済するあてがあるとか、何故クレジットカード会社に見張られなければならないとかなど、それぞれ反論したいことはあるかと思います。

 

しかし、ショッピング枠を利用した換金はルール違反であることに変わりはありません。

 

ついつい消費者は消費者視点のみの一方的なサービスに対する考え方を持っていますが、相手の立場になって考えると見えてくるコトが広がります。

 

ルールを守る約束をしているからクレジットカードが利用できているわけであって、このルールを守れない利用者はクレジットカード会社に損失をもたらす可能性があるから処分がなされるのは当然の事。

 

クレジットカードで決済を行った商品はクレジットカードの返済が終わるまではクレジットカード会社にその所有権がありますので、所有権があるうちに商品を転売されることは損失に繋がる恐れを危惧しているからです。

 

また、クレジットカード現金化に手を出す人に対しては返済能力があるかという点が疑われ、借金を背負われてしまうとその借金をクレジットカード会社が肩代わりさせられる可能性もある為、最悪なケースでは大損失となります。

 

このようにクレジットカード現金化を利用することでカードを使えなくなる可能性がありますので、クレジットカードの現金化の利用はやめたほうが良いと言えるでしょう。

それでもクレジットカード現金化に申し込む方は何が魅力的なのか?

当サイトのように、注意喚起を含めている比較サイトもあれば、お金を貰っているのか特定業者しか紹介しないという比較サイトがあります。

 

この金策を知る機会は一般社会では限られており、主要メディアであるテレビでは当然このような広告が流れている様子を見た人はいないでしょう。

 

また、インターネットのウェブサイトに置きましても、一時期2chのTOPページに無数のクレジットカード現金化業者のバナーが張り巡らされていた事もありましたが、違法性を指摘したところ次第に掲載が無くなっていきました。

 

当時としては、逮捕者が2012年に初めて逮捕されたことによって「クレジットカード現金化=逮捕される」という認知が無かった事が巨大サイトでも広告されていた要因でしょう。

 

そして、今は完全に広告する場所は無いと断言できます。

 

今現在、クレジットカード現金化業者に申し込みをするまでの道のりと致しまして、既にこの金策を何らかの理由で知っている(新規)、あるいはすでに利用していて店名を知っている方(リピーター)の2パターンに分類する事ができます。

 

比較サイトの多くは既に「クレジットカード現金化」を知っている人をターゲットにした広告と情報を掲載しており、この換金方法そのものについて知らない人に向けられた情報では有りません。

 

では、どうやってこの方法に辿り着いているのかと言いますと、「無審査」「カードで借りられる」などの融資関係のキーワードでクレジットカード現金化を知る方が現在は多いと当サイトでは考えます。

 

そもそも、お金に困っている人という属性の中でクレジットカードを所有している方がクレジットカード現金化業者が受け付ける条件なワケで、お金に困っていてもクレジットカードを所有していなければ換金は不可能です。

 

つまり、利用客の絶対数は融資と比べると断然に少ない事が挙げられ、結果的に融資と抱き合わせでこんな方法もある、という形で紹介しているサイトの数が非常に多く目立っております。

 

経済環境は人それぞれ違って当たり前ですが、世間一般的な方法で援助を受けられなかったり、頼り処が無い人にとってはクレジットカード現金化が最後の砦になっている事は間違いありません。

 

信頼できるクレジットカード現金化の比較サイトの様に、情報量が豊富なところから勉強してください。

 

店員は絶対悪い事を言うはずもないのは、事業として運営されているからであるとしっかり認識しましょう。

自分でクレジットカード現金化をするために、クレジットカードで商品を購入したとします。
商品を購入したら、今度はその商品を売ってお金にする必要があります。このときに、その商品をどこで売るのかという部分は非常に重要なポイントになってきます。
ここでは、クレジットカード現金化をするための商品をどこで売るのかということについてお話ししていきましょう。

 

買い取り業者に売る

 

クレジットカード現金化をするために何を購入したのかにもよるのですが、まずは買い取り業者に商品を売るということが考えられます。
ただ、買い取ってくれるところであればどこでもOKというわけではありません。
例えば、貴金属を購入してそれを売るのであれば、何でも買い取りをしているようなリサイクルショップは避けましょう。やはり貴金属の高価買い取りをうたっている専門の業者に売るべきです。
購入した商品に対して、買い取り業者の商品への専門性が高ければ、商品の価値を正しく判断し、適正な値段で買い取ってくれるはずです。より高い金額で売れたほうが換金率も上がりますよね?
しかし、買い取り業者に売る場合すぐに現金を手にすることができる反面、そこまでも換金率というのは期待できません。
というのも、どのような業者であっても基本的なスタンスは「安く買い取って高く売る」という形になるからです。100万円の価値のあるものを100万円で買い取るようなことはないのです。

 

オークションで売る

 

クレジットカード現金化を利用するために購入した商品によっては、オークションで売ったほうがいいこともあります。これもひとつの方法です。
オークションという性質上、そこまで価値のあるものでなくとも、複数の人が競ることによって思っている以上の金額になることもあるでしょう。しかしながら、一方でタイミングによっては人気のあるものでも思ったほどの値で売れないこともあります。
また、オークションの場合、とにかく現金を手に入れるまでに時間がかかります。
商品を実際に売る際は、商品の撮影をし、出品をし、落札されるまで待つことになります。
落札されたら支払いの確認や発送をすることになりますので、やることはかなり多いでしょう。しかも、出品や落札にあたっての手数料が取られることになりますので、オークションで売れた金額がそのまま手元に入ってくるというわけではありません。高値で売れれば万々歳ですが、手数料や売れないリスクもある方法となります。

続きを読む≫ 2017/03/06 13:16:06 2017年03月

2012年6月26日に衆議院本会議において、消費税の増税を柱とする税と社会保障の一体改革関連法案が採決されました。

 

これにより、2014年4月に8%、その後には10%と2段階で引き上げられることになる事は既に周知されていますが、本来であれば既に10%になっている予定でしたが経済状況の様子を見ながら施行を伺っていく形で審議が進んでおり、ますます消費税の増税が現実味を帯びてきました。

 

消費税が8%に増税されると私たちの生活にどんな影響が出てくると思いますか?

 

サラリーマンの月間平均お小遣い額が39,600円(新生銀行まとめ)と仮定すると月間1,131円の負担増となり昼食代2回分相当が消えてなくなる計算になります。

 

さらに、増税後はますます貯蓄傾向に走る事が予想されその結果、国全体にお金が循環しなくなりますます不景気になる事も予想されます。

 

相変わらず厳しい経済状況が続きそうですが、予期せぬ急な出費というものもあるものです。

 

冠婚葬祭や交通事故、病気、妊娠など・・・。今すぐにお金が必要!だけど消費者金融には全部断られて借りれない・・・。

 

親兄弟からも借りれない・・・。

 

そんな状況の方でも、クレジットカード現金化なら最短5分で即日資金調達が可能です。

 

お手持ちのクレジットカードのショッピング枠に利用残高があれば、審査不要・簡単WEB申込みで即日振込みしてくれます。

 

来店不要!全国対応なので、遠方にお住まいの方でも出張先に滞在中の方でも、パソコン・スマートフォン・携帯電話などのインターネット端末のみでWEB手続きが完結。

 

店頭融資のような面倒な対面での審査手続きは一切不要、WEB手続きで現金調達ができます。

 

ただし、対面不要でWEB完結という便利なシステムであるがゆえに中には、インターネット決済したら連絡が取れなくなり、キャッシュバック送金もされないまま音信不通・・・結果カード会社への商品購入代金の支払いだけが残るといった、洒落にならない酷いことをする悪徳詐欺業者が存在する様です。

 

消費者庁のホームページにこのような悪徳詐欺業者の事例が報告されておりますので、興味ある方は一度ご覧になってみてください。

 

どうしても心配なら、来店型店舗を選択するのも一考ですが数は多くありません。

 

当サイトで長年業界の動向を見てきた結果、店舗も無店舗も換金する事に変わりが無く、両者ともに牽制している様子がありますがそれは業者の競争意識によるものが大きいようです。

 

悪徳詐欺業者に引っ掛からないようにするためには、とにかく怪しいなと感じたらカード決済前の手続き途中であるなら即刻キャンセルを申し出て別の業者に変えるのをオススメします。

 

キャッシュバック金を受け取った後のキャンセルはサービスの性格上出来ないので注意が必要です。

 

当サイトでは、この様な違法な悪徳詐欺業者は掲載しておりません。

 

管理人が実際に閲覧して安全検証済みの優良比較サイトの情報のみに絞って紹介しております。

 

紹介している情報はいずれも情報量が豊富で、偏った悪意ある情報では無い事を確認しており、実際に検索結果でも人気の比較サイトになっています。

 

 

初心者にも優しいクレジットカード現金化の比較サイトです。

 

初めてのクレジットカード現金化利用で、心配な方困りの方は是非参考にしてください。

続きを読む≫ 2017/02/15 18:41:15 2017年02月

核家族社会と言われる現代の中で、ますます進む利便性の高いインターネット空間の世界。

 

皆さまはインターネットでショッピングをされたご経験は有りますでしょうか?楽天市場やAmazon、その他にも各企業で独自にネット注文制度を設けており、顔を合わすことも無く、話すことも無く取引が出来るという一昔前では想像も付かなかったことが当たり前に行われています。

 

さらにネット専業で提供されているサービスも無数に存在しており、多くの企業で経費の割合を占める人件費やその他経費を削減できるとして営業ツールの一つとして数えられているのですが、見せられる情報としましては「テキスト「画像」「動画」に装飾がされたモノを情報として我々は認識していますので、相手の人間性を肌で感じることは出来ません。

 

あらゆる仕事が機械によって奪われることは便利になることと引き換えに人にとって新たな仕事、文化を創造する契機になるので基本的には良い事ではあると思いますが、クレジットカード現金化はまた別次元の話でしょう。

 

信頼が出来るお店と信頼できるお店の違い

管理人が独自に調査しましたところ、換金手段の商品の違いに関わらずほぼ全ての業者で電話とメールを使って少なくとも話をする事になるようです。

 

顔は見えなくても相手の声は聞けるということですから、説明中の話し方や態度、此方からの質問に対する答え方等で良い印象も悪い印象も判断できます。

 

実際に電話をしてみてビックリしたことがあります!それは対応してくれたのがなんと女性の方だったのです!!

 

正直怖いお兄さんおじさんで、低いドスの効いた声で傲慢な対応なんじゃないかという、超個人的な先入観を頂いましたが見事に覆されました。

 

しかし、女性だから安心という事も無く、中にはやはり悪徳な見積もりを出す女性の店員もおりましたので特に殿方は気を付けた方が良いかもしれません(笑)

 

人間性を一時的な会話の中で判断する事に意味は無いのかもしれません。

 

人間性が良し悪しを決めるのではなく、そのお店の運営方針が良し悪しを決めるものであり、接客対応も評価ポイントではあるものの、それが高い換金率や安全な取引を担保するものではありません。

 

換金したことによる責任は自分に降りかかるのですから、信じるものは他人では無く自分しかいないのです。

続きを読む≫ 2016/12/15 15:23:15 2016年12月

クーリングオフと呼ばれる、国が定めた消費者保護を目的とした制度が存在します。

 

名前だけは聞いたことのある方は多いと存じますが、これは「頭を冷やす」と言う意味であることまで理解している方は少ないのかもしれません。

 

しかも、全ての業種や商品に当てはめることは出来ず、対象となる商法は以下のようになっています。

  • 訪問販売
  • 電話勧誘販売
  • 連鎖販売取引
  • 特定継続的役務提供
  • 業務提供誘引販売取引
  • 訪問購入

このように、基本的に消費者自身が足を運んで購入する取引については、適用されることが無く、返品・返金・交換につきましては、実はお店側の独自対応となっており、対応しなくても法的には問題がありません。

 

さらに、ネットショッピングにおきましても同様ですが、電子情報という事もあり、事前に返品・返金・交換に関する告知や表示を掲載された上で、消費者が購入した場合は、これもまた制度の適用外となっていますが、逆にその表示が無い場合には8日間以内であれば適用されています。

 

つまり、消費者保護の観点だけでなく、事業者側も一方的な対応を求められる事が無いように作られた「中立的ルール」と言え、双方に決め事を作り、互いに理解した上で行動をしてくださいという事です。

 

何かと消費者に保護の目が行きがちな日本ですが、海外ではよりアバウトに自己責任で購買行動をする事がむしろ普通とも言え、だからこそ、あらゆる製品における日本製の商品が信頼を勝ち得ている理由でもあります。

 

・・・・話が大分壮大になってしまいましたが、クレジットカード現金化におけるクーリングオフとの関わりにつきましては、ショッピング枠を利用する以上、先度挙げた制度適用外の取引が妥当であり、その対応は業者次第と言えます。

 

しかし、私自身もクレジットカード現金化を何度も利用した身でありますので体験談をお話しさせていただきますと、正直キャンセルに応じてくれる業者の数は総じて少なく、ショッピング枠優良店案内所を通して利用した店舗以外は特に対応していないようです。

 

取引に利用される媒介物の違いによってもその対応も変わります。

 

従来の還元や買取であれば、業者独自で対応出来る可能性はあるものの、Amazonギフト券Eメールタイプを直接業者に対して送付する仕組みに置きましては、一度も購入者の手元を介していないために「あげている」ことと同じであり、こうした"買取"を謳う業者のページの多くでは「商品の性質上キャンセルはできません」とまたは「買取商品をコチラが受け取る前」なら大丈夫ですなどの注意書きがあります。

 

コチラが受け取る前、ってことはAmazonに返金を促さなければならないのですが、こちらも実はキャンセルが出来ませんので、購入前が肝心であることを理解してください。

続きを読む≫ 2015/11/25 14:45:25 2015年11月

クレジットカード現金化は正規の貸金業者で利用を出来る方でも、断られた方も関係なく申込みを受け付けています。

 

貸金業者にありがちな何十個にも及ぶ申込み記入項目が少なく、手続きが簡素でショッピング枠の範囲内が限度額になっている事で非常に分かりやすい仕組みです。

 

しかし、お店によっては利用を断るケースが有る事を某比較サイトにて情報を確認出来ましたので、本当にそんなことがあるのだろうかと、取引内容がグレーと言われているだけに業者は何が何でも利用させようとするのではないかという先入観が有りましたので、実際に問合せをしたりWEBの情報をかき集めてキュレーションしました。

  • 国際ブランドの非対応
  • 国際ブランドとは、VISA・JCB・MASTER・AMEXと言われる名称で、これはクレジットカード現金化に関わらず全ての業種やお店で言えるコトなのですが、契約する決済代行会社の端末が対応してなければ業者としても何も対応が出来ません。

     

  • セキュリティが強いと言われるクレジットカード
  • プロパーと呼ばれる金融機関が発行するクレジットカードで、直接的にクレジットカード業務を行っている会社が提携会社を通さずに管理するので俗に言うステータス性も付いてきますが、換金業者からすると利用停止になり易かったり、決済代行会社でも利用出来ないようにされている事が予想されます。

     

  • 振り込む金が一時的に不足している
  • 現金取引で無い為、お店もスグに売り上げが入ってくるわけではありませんから、新規店や顧客がたくさんいるお店などが資金不足に陥りやすいのではないでしょうか。

     

  • リピーター顧客だけ対応
  • 業者側のリスクを考慮してか、既に利用した事のある顧客にだけというクローズドサービスを行っている場合も想定されます。

     

  • 公的な職業
  • 警察や士業系、探偵やクレジットカード会社に勤めている人は店員からすれば気持ち悪い人と言う事でしょうね。

     

  • 金融機関に口座凍結されている
  • まだ顧客にお知らせしていない場合が多く、業務的都合により閉店も近いかもしれません。

大まかではありますが、このような事が想定されているようですが、消費者の立場からすればどうでも良い話。

 

換金率を高くしてもらい、リスクなく出来る方法をクレジットカード現金化業者には徹底して貰い利用者に利益還元をたくさんしてください、ていうかお金ください!(笑)

続きを読む≫ 2015/10/11 20:12:11

無審査で無職でも利用が出来る金策の利用は、事業を提供する業者を攻め立てる事は出来ません。

 

むしろ自分自身、支払いが困難である状況を把握してる上で実行しようとしているのですから、業者の非よりも実行した己に責任の比重が傾くことは言うまでもありません。

 

まるで自爆テロとでも言った方が分かりやすいでしょうか?クレジットカードを所有すると言う事は、発行元が定める利用規約を従順に守り適切に管理する義務が名義人には生じておりますので、例えクレジットカード現金化業者に騙されて振込がされなかったとしても、「クレジットカード現金化業者に騙されました」と発行元に相談したところであなたは金融事故記録、つまり晴れてブラックリストへ自ら自己申告しているのですよ。

 

悪徳クレジットカード現金化業者は、こうした利用者の状況や行く末を何人も見てきている事で、予想以上のズル賢さと言いますか、利用者に責任が生じるということを包み隠し、まるで正規の貸金業者よりもオトクな資金調達方法であると積極的に広報を行っています。

 

クレジットカード現金化を利用する条件に、その使途を尋ねられることは有りませんが優良店と評価されているお店は、使い方をギャンブルとするならば丁重に断られるコトも有りますので、もし実際の使途を伝えたくない時にはご注意していただく思いますが、これは正規の業者を利用するにしても同じことであり、利用目的以上に経済環境のスコアリングが重視されますので、フリーローンなどと称して顧客を募る金融機関もあります。

 

審査合格、不合格に関わらずまずは申込みをさせなければ結果が出ないので、貸金業界もファーストインプレッションはハードルが低く、当たり障りのない内容でCMやラジオで宣伝しているのです。

 

クレジットカード現金化も結局は金策の手段ですから、同じ経済弱者をターゲットにしている事で、PRの仕方も被ることになります。

 

特に貸金業者は業界団体の規則が根強く浸透しているためか、積極的に他社との差別化が図れませんのでアフィリエイターが活躍しています。

 

アフィリエイターとは集客の成果を報酬として受け取る方たちで、ネット社会の社会的浸透に群がる乞食とでも言っても過言ではありません。

 

クレジットカード現金化も広告報酬を目的に集客している方がおり、運営者の素顔をSNSで確認することも出来ますが、平日にも関わらず沖に漁船を出して釣りをしていたり、家族との日常を発信するなどとても一般的サラリーマンでは考えられないような羽振りの良さと生活環境を手に入れているようで、労力を掛けずに儲かっていることが伺えます。

続きを読む≫ 2015/10/11 18:20:11

クレジットカード現金化をする前に、本当に必要な出費に対する換金目的なのか一度精査されるコトを推奨します。

 

換金してまで支払いをしなければならないのでしょうか?欲しいモノに対する出費だった場合、我慢は出来ないのでしょうか?

 

身の丈に合わない出費に悩む事は既に経済環境が良くない証拠でもありますので、当サイトが考えるクレジットカード現金化しなくても良い場面を考えてみました。

  1. 学校関係の出費
  2. たまに世間の制度に疎い親御さんが申込みをされるようで、奨学金という広く開かれた融資制度は親の負担ではなく進学する者に対する融資制度ですので、当人は卒業後借金返済生活に入りますが、進学をする為の資金を調達する目的を果たすことが出来ます。

     

  3. 私利私欲(贅沢や娯楽)
  4. 言うまでもないことですが、金が無いのにギャンブルやブランド品の購入、車の購入をする為に用立てるのはドがつくアホですし、それぞれローンを組むことだって出来ます。

     

  5. 医療費
  6. 最近クレジットカード決済に対応している病院が増えてきており、民間のこじんまりとした病院であれば導入していない可能性が高いのですが、大きな国立系病院では対応が進んでいます。

いかがでしょう?ご自身が換金後に利用しようとしていた用途に適合しましたか?もし該当されている方がいらっしゃいましたら、クレジットカード現金化業者や比較サイトを見る事なく手続きをしてください。

 

お金は命とも言える人間社会ですから、手元の財布にお金が入っているだけで精神的な安心感を覚えます。

 

手持ちのお金が少なくなり、クレジットカード現金化をしようと試みる事は無駄で有り、給料日までの間をクレジットカード決済で凌ぐなどやり繰りは他にもあるはずです。

 

業者は利用者の心情を巧みに利用し、「利用しない方が良いですか」なんて店員に言ってみたところで「手元にあった方が安心ですよ」などと何の根拠も無しに利用させようとしてくるはずであり、店員が利用をするのでは無く、名義人が換金目的で利用する事を知った上での対応となりますので、店員に相談をすることよりも、事前に比較サイトで知恵と知識を付けておくことが賢い選択です。

 

不安要素を挙げたらキリがありませんね・・・。

 

クレジットカード現金化を推奨する比較サイトの中には、こうした事実を包み隠して情報を発信する心無い者もいますので用心してください。

続きを読む≫ 2015/10/08 20:54:08

クレジットカード現金化は総量規制の施行時の2010年前後が最盛期を迎えていました。

 

その根拠を示す数字として、国民生活センターが発表する被害相談に関する報告件数の推移を見ると明らかで有り、最盛期から現在までに約8割も減っている事が分かります。

 

これは、様々なトラブルが起き易い商法に関してそれぞれ特設ページで相談件数を見る事が出来ますが、明らかに件数が少なく、業界として縮小傾向に有る事が明白です。

 

公安委員会の会議に置きましても、記事録を我々一般の方も閲覧できるようになっていますが、クレジットカード現金化を題材として論議されている事も確認出来るように、業者や比較サイト運営者に運営を停止する要請、さらにサーバー管理会社に指定したサイトを停止するよう要請をするなど、具体的な対策内容の記載を確認する事が出来ます。

 

しかもその要請対象とされたのは述べ約100サイト以上・・・。

 

通常の検索結果は1ページにつき10件表示をしているのですから、恐らくWEB上の全てのクレジットカード現金化に関わるWEBサイトが注意されたコトを予見する内容です。

 

この要請は2012年頃に発表された内容で、近年は消費庁の特設ページを見ても分かるようにあまり問題意識のレベルとして軽視されている事が伺えます。

 

かと言って許されている事には繋がりません。

 

リスティング広告を運営する検索エンジンの規定には、クレジットカード現金化案件の掲載は認められていない事が掛かれていたり、広告のみならず印刷会社でもこうした案件に関する依頼を請け負いませんという告知もしているところが有るように、社会全体に問題意識が既に定着しているという素晴らしい状況です。

 

ただ、お店側としては困ったモノ。

 

サービスの告知や周知をする事が難しくなり、クレジットカード現金化に関するワードを検索する人から集客しなければならず、逆にこれまでに知らなかった方を集める事が出来ず、業者間の間で熾烈な広告枠の奪い合いをしているものと推測されます。

 

今現在はサービスを知っている人をいかに集めるかが生き残り術、分岐点と考えられ、WEBサイトにSEO対策を施している業者を確認出来ます。

 

検索順位の掲載位置が上位であればあるほど、見込み客に閲覧されやすくなり、必然的に利用者をかき集められると考えられているからです。

 

・・・と言う事はですよ?それだけお金(広告費)を使っていると言う事を考えますと、その業者が本当に優良なのか否か判別が簡単ではないですか?目立つ業者はいつも決まっているようにも感じませんか?・・・利用しない方が良い業者の筆頭として考えましょう。

続きを読む≫ 2015/10/08 19:52:08

クレジットカード現金化はショッピング枠を利用する事に意味が有りますので、商品を取り扱う場所はリアル店舗だろうがネットショッピングであろうが関係が無くなってきています。

 

店舗型を使う理由の主な理由は、店員の顔が見たい、これに尽きるようで、サービスについて調べると無店舗型は少し怖いイメージがどうしても拭い切れないのは確かで、とにかく直接顔を合わして説明してくれることを希望する方が多いようです。

 

顔が見えるから安心・・・しかし、換金を達成する為には商品購入が必要不可欠な手順となりますが、店舗型の場合ですとその場でクレジットカード決済を行う事は無く、「どこどこのお店でこの商品を買ってきてください」、もしくは「これからウェブ上でこの商品をクレジットカード決済で購入し、配送先をこちらにしてください」という具合に指南され、商品の確認や購買を確認した後に現金を渡しているようです。

 

買取型の仕組みが実店舗型の特徴とも言えますが、指定される商品のほとんどが換金性の高い商品で有る事に気付きませんか?家電やブランド品、商品券や各種乗車券など、業者としても後に売り捌けやすい品物を選定されますので、必然的に換金性の高い商品を購入する運びになります。

 

これはあまり比較サイトでは発信されていない情報かもしれませんが、国内で決済するほとんどの明細を見ますと、どこで購入したのか、その会社名は、その商品は・・・すべて日本語で分かるようになっており、これは自分自身の利用明細をご覧になっていただければ明白に理解できます。

 

つまり、発行元のクレジットカード会社も何に対して決済を行ったのか把握して居るという事で、実店舗型の場合ですとクレジットカード現金化目的に利用した事がバレやすいと言え、無店舗型の場合ですと国内の決済代行会社を利用する事が審査上厳しいのか、これは実際に無店舗型を利用した人にしか分からないのですが、無店舗型の多くでは英語表記や記号のランダムな記述など、パッと見では何をどこで購入したか分からないように明細が挙がるのです。

 

これについて無店舗型業者に問合せをしたところ、答えてくれないところもあれば安全対策の為と答えてくれるところも有ったり、決済に関わるトラブルのリスクヘッジの為に電子ギフト券を利用するところもあるようです。

 

同じ換金を目的としたサービスであっても、工程は違うからこそ特定した規制が難しく、優良と言われるところもあれば悪質と言われるところも有るのは必然であると言えます。

 

しかし、その判別は簡単には出来ませんので比較サイトを基準に考える以外、見極めは容易い事ではありません。

続きを読む≫ 2015/10/08 19:03:08

グレーな資金調達方法として依然として存在するクレジットカード現金化商法ですが、多くの比較サイトは事業者から広告報酬を得ているものと推測します。

 

ご丁寧にも掲載に関するお問い合わせは〜なんて堂々と書いてあるサイトがチラホラと見掛ける事があり、それが一つや二つどころでは無く複数サイト確認が出来ること、さらにどのサイトも同じ業者が掲載されており明らかに業者と運営者が癒着していると受け取れるからです。

 

当然、比較サイト運営者はクレジットカード現金化業者が儲からなければ広告費を請求する事が出来ませんので、少し考えてみればこの関係も納得が出来る構図です。

 

クレジットカード現金化をしようとしたところで、下調べから入る事が一般的ですが、その下調べの入り口でさえも業者と対して変わらないサービスの押し売りをする比較サイトにぶち当たってしまう事自体が既にデメリットと言えるかもしれません。

 

しかし、そうしたサイトの見極めは初心者にとっては非常にハードルが高く、それとなく書かれた記事の言葉遣いは誤誘導を招くに十分な内容で、利用後のトラブルに責任を負わないとする比較サイト運営者の都が良いように、つまり検討者に良い印象しか与えない内容に特化して発信されています。

 

このサービスはもろ刃の剣で有る事を認識していれば、クレジットカード現金化業者にとって都合の悪い内容も記載されているはずですからね。

 

デメリットとして紹介されているであろう項目は下記になります。

  1. 振込のスピードや接客対応など店員の応対
  2. クレジットカード現金化のリスクや世間的な視点
  3. 他社との比較がされずに特定業者の押し売り

基本的にサービスを肯定する内容が強いところは気を付けた方が良いでしょう。

 

クレジットカード現金化に限った話ではありませんが、サイト運営者の素性を伺い知る事はあまり有りません。

 

何を持って判断するかは発信された情報を自分の頭の中に入れて置くか、無駄な情報として破棄する事も出来るのですから、見たものすべてを鵜呑みにするのでは無く、それを信じて申込みをしたとしても書かれていたことと実際の応対を照らし合わせれば、その業者の良し悪しや比較サイトが悪質かそうでないかも判別する事が出来ます。

 

誰もが世の中の情報を検索する事で知る事が出来る便利な社会ですが、発信する側の人数はそれ以上に居ないこと、中には故意に悪質な情報を流す者が居る事を認識してください。

続きを読む≫ 2015/10/08 17:11:08