クレジットカード現金化はお手軽な資金調達

困っていると頼りたくなるクレジットカード現金化

クレジットカード現金化を気軽に利用する人が増えてきています。

 

ギャンブルで負けたから、買い物をしすぎたから、遊ぶお金が足りないから、ちょっと今月は借りたという軽い気持ちで利用をしているようですが、クレジットカード現金化を利用したことによって発行元から利用停止や会員資格のはく奪、決済制限をされる可能性があることをご存知ですか?

 

ほとんどのクレジットカード会社の利用規約に「ショッピング枠を利用した現金化を行ってはならない」というような内容が明記されています。

 

結構大きい項目として明記されていることから、クレジットカード会社としてでは無く、業界全体としてクレジットカード現金化は問題視されていることが窺えます。

 

ただ規約に書いてあるだけだろうし自分には関係ないと思ってクレジットカード現金化を利用し続けるとある日泣きを見る羽目に陥る可能性は誰にでも有る事です。

 

クレジットカード会社は毎日膨大な量の決済情報を処理しているので、そうそうばれないと思っていませんか?クレジットカード会社にはショッピング枠を不正に換金目的で利用しているという動きをしているデータを自動的に抽出して保管するシステムが導入されています。

 

クレジットカード現金化の業者を利用していたり、ショッピング枠を限界まで使って購入したものを換金屋などで売っている場合などの情報は全て要注意リストに載る恐れがあると理解してください。

 

とは言え、利用する側としては来月には返済するあてがあるとか、何故クレジットカード会社に見張られなければならないとかなど、それぞれ反論したいことはあるかと思います。

 

しかし、ショッピング枠を利用した換金はルール違反であることに変わりはありません。

 

ついつい消費者は消費者視点のみの一方的なサービスに対する考え方を持っていますが、相手の立場になって考えると見えてくるコトが広がります。

 

ルールを守る約束をしているからクレジットカードが利用できているわけであって、このルールを守れない利用者はクレジットカード会社に損失をもたらす可能性があるから処分がなされるのは当然の事。

 

クレジットカードで決済を行った商品はクレジットカードの返済が終わるまではクレジットカード会社にその所有権がありますので、所有権があるうちに商品を転売されることは損失に繋がる恐れを危惧しているからです。

 

また、クレジットカード現金化に手を出す人に対しては返済能力があるかという点が疑われ、借金を背負われてしまうとその借金をクレジットカード会社が肩代わりさせられる可能性もある為、最悪なケースでは大損失となります。

 

このようにクレジットカード現金化を利用することでカードを使えなくなる可能性がありますので、クレジットカードの現金化の利用はやめたほうが良いと言えるでしょう。

それでもクレジットカード現金化に申し込む方は何が魅力的なのか?

当サイトのように、注意喚起を含めている比較サイトもあれば、お金を貰っているのか特定業者しか紹介しないという比較サイトがあります。

 

この金策を知る機会は一般社会では限られており、主要メディアであるテレビでは当然このような広告が流れている様子を見た人はいないでしょう。

 

また、インターネットのウェブサイトに置きましても、一時期2chのTOPページに無数のクレジットカード現金化業者のバナーが張り巡らされていた事もありましたが、違法性を指摘したところ次第に掲載が無くなっていきました。

 

当時としては、逮捕者が2012年に初めて逮捕されたことによって「クレジットカード現金化=逮捕される」という認知が無かった事が巨大サイトでも広告されていた要因でしょう。

 

そして、今は完全に広告する場所は無いと断言できます。

 

今現在、クレジットカード現金化業者に申し込みをするまでの道のりと致しまして、既にこの金策を何らかの理由で知っている(新規)、あるいはすでに利用していて店名を知っている方(リピーター)の2パターンに分類する事ができます。

 

比較サイトの多くは既に「クレジットカード現金化」を知っている人をターゲットにした広告と情報を掲載しており、この換金方法そのものについて知らない人に向けられた情報では有りません。

 

では、どうやってこの方法に辿り着いているのかと言いますと、「無審査」「カードで借りられる」などの融資関係のキーワードでクレジットカード現金化を知る方が現在は多いと当サイトでは考えます。

 

そもそも、お金に困っている人という属性の中でクレジットカードを所有している方がクレジットカード現金化業者が受け付ける条件なワケで、お金に困っていてもクレジットカードを所有していなければ換金は不可能です。

 

つまり、利用客の絶対数は融資と比べると断然に少ない事が挙げられ、結果的に融資と抱き合わせでこんな方法もある、という形で紹介しているサイトの数が非常に多く目立っております。

 

経済環境は人それぞれ違って当たり前ですが、世間一般的な方法で援助を受けられなかったり、頼り処が無い人にとってはクレジットカード現金化が最後の砦になっている事は間違いありません。

 

信頼できるクレジットカード現金化の比較サイトの様に、情報量が豊富なところから勉強してください。

 

店員は絶対悪い事を言うはずもないのは、事業として運営されているからであるとしっかり認識しましょう。