クレカ現金化はお手軽な資金調達として需要がある

クレカ現金化はお手軽な資金調達として需要がある

困っていると頼りたくなるクレカ現金化

クレカ現金化を気軽に利用する人が増えてきています。

 

ギャンブルで負けたから、買い物をしすぎたから、遊ぶお金が足りないから、ちょっと今月は借りたという軽い気持ちで利用をしているようですが、クレカ現金化を利用したことによって発行元から利用停止や会員資格のはく奪、決済制限をされる可能性があることをご存知ですか?

 

ほとんどのクレカ会社の利用規約に「ショッピング枠を利用した現金化を行ってはならない」というような内容が明記されています。

 

結構大きい項目として明記されていることから、クレカ会社としてでは無く、業界全体としてクレカ現金化は問題視されていることが窺えます。

 

ただ規約に書いてあるだけだろうし自分には関係ないと思ってクレカ現金化を利用し続けるとある日泣きを見る羽目に陥る可能性は誰にでも有る事です。

 

クレカ会社は毎日膨大な量の決済情報を処理しているので、そうそうばれないと思っていませんか?クレカ会社にはショッピング枠を不正に換金目的で利用しているという動きをしているデータを自動的に抽出して保管するシステムが導入されています。

 

クレカ現金化の業者を利用していたり、ショッピング枠を限界まで使って購入したものを換金屋などで売っている場合などの情報は全て要注意リストに載る恐れがあると理解してください。

 

とは言え、利用する側としては来月には返済するあてがあるとか、何故クレカ会社に見張られなければならないとかなど、それぞれ反論したいことはあるかと思います。

 

しかし、ショッピング枠を利用した換金はルール違反であることに変わりはありません。

 

ついつい消費者は消費者視点のみの一方的なサービスに対する考え方を持っていますが、相手の立場になって考えると見えてくるコトが広がります。

 

ルールを守る約束をしているからクレカが利用できているわけであって、このルールを守れない利用者はクレカ会社に損失をもたらす可能性があるから処分がなされるのは当然の事。

 

クレカで決済を行った商品はクレカの返済が終わるまではクレカ会社にその所有権がありますので、所有権があるうちに商品を転売されることは損失に繋がる恐れを危惧しているからです。

 

クレカ現金化の比較情報

 

また、クレカ現金化に手を出す人に対しては返済能力があるかという点が疑われ、借金を背負われてしまうとその借金をクレカ会社が肩代わりさせられる可能性もある為、最悪なケースでは大損失となります。

 

このようにクレカ現金化を利用することでカードを使えなくなる可能性がありますので、クレカの現金化の利用はやめたほうが良いと言えるでしょう。

クーリングオフと呼ばれる、国が定めた消費者保護を目的とした制度が存在します。

 

名前だけは聞いたことのある方は多いと存じますが、これは「頭を冷やす」と言う意味であることまで理解している方は少ないのかもしれません。

 

しかも、全ての業種や商品に当てはめることは出来ず、対象となる商法は以下のようになっています。

  • 訪問販売
  • 電話勧誘販売
  • 連鎖販売取引
  • 特定継続的役務提供
  • 業務提供誘引販売取引
  • 訪問購入

このように、基本的に消費者自身が足を運んで購入する取引については、適用されることが無く、返品・返金・交換につきましては、実はお店側の独自対応となっており、対応しなくても法的には問題がありません。

 

さらに、ネットショッピングにおきましても同様ですが、電子情報という事もあり、事前に返品・返金・交換に関する告知や表示を掲載された上で、消費者が購入した場合は、これもまた制度の適用外となっていますが、逆にその表示が無い場合には8日間以内であれば適用されています。

 

つまり、消費者保護の観点だけでなく、事業者側も一方的な対応を求められる事が無いように作られた「中立的ルール」と言え、双方に決め事を作り、互いに理解した上で行動をしてくださいという事です。

 

何かと消費者に保護の目が行きがちな日本ですが、海外ではよりアバウトに自己責任で購買行動をする事がむしろ普通とも言え、だからこそ、あらゆる製品における日本製の商品が信頼を勝ち得ている理由でもあります。

 

・・・・話が大分壮大になってしまいましたが、クレジットカード現金化におけるクーリングオフとの関わりにつきましては、ショッピング枠を利用する以上、先度挙げた制度適用外の取引が妥当であり、その対応は業者次第と言えます。

 

しかし、私自身もクレジットカード現金化を何度も利用した身でありますので体験談をお話しさせていただきますと、正直キャンセルに応じてくれる業者の数は総じて少なく、ショッピング枠優良店案内所を通して利用した店舗以外は特に対応していないようです。

 

取引に利用される媒介物の違いによってもその対応も変わります。

 

従来の還元や買取であれば、業者独自で対応出来る可能性はあるものの、Amazonギフト券Eメールタイプを直接業者に対して送付する仕組みに置きましては、一度も購入者の手元を介していないために「あげている」ことと同じであり、こうした"買取"を謳う業者のページの多くでは「商品の性質上キャンセルはできません」とまたは「買取商品をコチラが受け取る前」なら大丈夫ですなどの注意書きがあります。

 

コチラが受け取る前、ってことはAmazonに返金を促さなければならないのですが、こちらも実はキャンセルが出来ませんので、購入前が肝心であることを理解してください。

続きを読む≫ 2015/11/25 14:45:25 2015年11月

クレカ現金化は正規の貸金業者で利用を出来る方でも、断られた方も関係なく申込みを受け付けています。

 

貸金業者にありがちな何十個にも及ぶ申込み記入項目が少なく、手続きが簡素でショッピング枠の範囲内が限度額になっている事で非常に分かりやすい仕組みです。

 

しかし、お店によっては利用を断るケースが有る事を某比較サイトにて情報を確認出来ましたので、本当にそんなことがあるのだろうかと、取引内容がグレーと言われているだけに業者は何が何でも利用させようとするのではないかという先入観が有りましたので、実際に問合せをしたりWEBの情報をかき集めてキュレーションしました。

  • 国際ブランドの非対応
  • 国際ブランドとは、VISA・JCB・MASTER・AMEXと言われる名称で、これはクレカ現金化に関わらず全ての業種やお店で言えるコトなのですが、契約する決済代行会社の端末が対応してなければ業者としても何も対応が出来ません。

     

  • セキュリティが強いと言われるクレカ
  • プロパーと呼ばれる金融機関が発行するクレカで、直接的にクレカ業務を行っている会社が提携会社を通さずに管理するので俗に言うステータス性も付いてきますが、換金業者からすると利用停止になり易かったり、決済代行会社でも利用出来ないようにされている事が予想されます。

     

  • 振り込む金が一時的に不足している
  • 現金取引で無い為、お店もスグに売り上げが入ってくるわけではありませんから、新規店や顧客がたくさんいるお店などが資金不足に陥りやすいのではないでしょうか。

     

  • リピーター顧客だけ対応
  • 業者側のリスクを考慮してか、既に利用した事のある顧客にだけというクローズドサービスを行っている場合も想定されます。

     

  • 公的な職業
  • 警察や士業系、探偵やクレカ会社に勤めている人は店員からすれば気持ち悪い人と言う事でしょうね。

     

  • 金融機関に口座凍結されている
  • まだ顧客にお知らせしていない場合が多く、業務的都合により閉店も近いかもしれません。

大まかではありますが、このような事が想定されているようですが、消費者の立場からすればどうでも良い話。

 

換金率を高くしてもらい、リスクなく出来る方法をクレカ現金化業者には徹底して貰い利用者に利益還元をたくさんしてください、ていうかお金ください!(笑)

続きを読む≫ 2015/10/11 20:12:11

無審査で無職でも利用が出来る金策の利用は、事業を提供する業者を攻め立てる事は出来ません。

 

むしろ自分自身、支払いが困難である状況を把握してる上で実行しようとしているのですから、業者の非よりも実行した己に責任の比重が傾くことは言うまでもありません。

 

まるで自爆テロとでも言った方が分かりやすいでしょうか?クレカを所有すると言う事は、発行元が定める利用規約を従順に守り適切に管理する義務が名義人には生じておりますので、例えクレカ現金化業者に騙されて振込がされなかったとしても、「クレカ現金化業者に騙されました」と発行元に相談したところであなたは金融事故記録、つまり晴れてブラックリストへ自ら自己申告しているのですよ。

 

悪徳クレカ現金化業者は、こうした利用者の状況や行く末を何人も見てきている事で、予想以上のズル賢さと言いますか、利用者に責任が生じるということを包み隠し、まるで正規の貸金業者よりもオトクな資金調達方法であると積極的に広報を行っています。

 

クレカ現金化を利用する条件に、その使途を尋ねられることは有りませんが優良店と評価されているお店は、使い方をギャンブルとするならば丁重に断られるコトも有りますので、もし実際の使途を伝えたくない時にはご注意していただく思いますが、これは正規の業者を利用するにしても同じことであり、利用目的以上に経済環境のスコアリングが重視されますので、フリーローンなどと称して顧客を募る金融機関もあります。

 

審査合格、不合格に関わらずまずは申込みをさせなければ結果が出ないので、貸金業界もファーストインプレッションはハードルが低く、当たり障りのない内容でCMやラジオで宣伝しているのです。

 

クレカ現金化も結局は金策の手段ですから、同じ経済弱者をターゲットにしている事で、PRの仕方も被ることになります。

 

特に貸金業者は業界団体の規則が根強く浸透しているためか、積極的に他社との差別化が図れませんのでアフィリエイターが活躍しています。

 

アフィリエイターとは集客の成果を報酬として受け取る方たちで、ネット社会の社会的浸透に群がる乞食とでも言っても過言ではありません。

 

クレカ現金化も広告報酬を目的に集客している方がおり、運営者の素顔をSNSで確認することも出来ますが、平日にも関わらず沖に漁船を出して釣りをしていたり、家族との日常を発信するなどとても一般的サラリーマンでは考えられないような羽振りの良さと生活環境を手に入れているようで、労力を掛けずに儲かっていることが伺えます。

続きを読む≫ 2015/10/11 18:20:11

クレカ現金化をする前に、本当に必要な出費に対する換金目的なのか一度精査されるコトを推奨します。

 

換金してまで支払いをしなければならないのでしょうか?欲しいモノに対する出費だった場合、我慢は出来ないのでしょうか?

 

身の丈に合わない出費に悩む事は既に経済環境が良くない証拠でもありますので、当サイトが考えるクレカ現金化しなくても良い場面を考えてみました。

  1. 学校関係の出費
  2. たまに世間の制度に疎い親御さんが申込みをされるようで、奨学金という広く開かれた融資制度は親の負担ではなく進学する者に対する融資制度ですので、当人は卒業後借金返済生活に入りますが、進学をする為の資金を調達する目的を果たすことが出来ます。

     

  3. 私利私欲(贅沢や娯楽)
  4. 言うまでもないことですが、金が無いのにギャンブルやブランド品の購入、車の購入をする為に用立てるのはドがつくアホですし、それぞれローンを組むことだって出来ます。

     

  5. 医療費
  6. 最近クレカ決済に対応している病院が増えてきており、民間のこじんまりとした病院であれば導入していない可能性が高いのですが、大きな国立系病院では対応が進んでいます。

いかがでしょう?ご自身が換金後に利用しようとしていた用途に適合しましたか?もし該当されている方がいらっしゃいましたら、クレカ現金化業者や比較サイトを見る事なく手続きをしてください。

 

お金は命とも言える人間社会ですから、手元の財布にお金が入っているだけで精神的な安心感を覚えます。

 

手持ちのお金が少なくなり、クレカ現金化をしようと試みる事は無駄で有り、給料日までの間をクレカ決済で凌ぐなどやり繰りは他にもあるはずです。

 

業者は利用者の心情を巧みに利用し、「利用しない方が良いですか」なんて店員に言ってみたところで「手元にあった方が安心ですよ」などと何の根拠も無しに利用させようとしてくるはずであり、店員が利用をするのでは無く、名義人が換金目的で利用する事を知った上での対応となりますので、店員に相談をすることよりも、事前に比較サイトで知恵と知識を付けておくことが賢い選択です。

 

不安要素を挙げたらキリがありませんね・・・。

 

クレカ現金化を推奨する比較サイトの中には、こうした事実を包み隠して情報を発信する心無い者もいますので用心してください。

続きを読む≫ 2015/10/08 20:54:08

クレカ現金化は総量規制の施行時の2010年前後が最盛期を迎えていました。

 

その根拠を示す数字として、国民生活センターが発表する被害相談に関する報告件数の推移を見ると明らかで有り、最盛期から現在までに約8割も減っている事が分かります。

 

これは、様々なトラブルが起き易い商法に関してそれぞれ特設ページで相談件数を見る事が出来ますが、明らかに件数が少なく、業界として縮小傾向に有る事が明白です。

 

公安委員会の会議に置きましても、記事録を我々一般の方も閲覧できるようになっていますが、クレカ現金化を題材として論議されている事も確認出来るように、業者や比較サイト運営者に運営を停止する要請、さらにサーバー管理会社に指定したサイトを停止するよう要請をするなど、具体的な対策内容の記載を確認する事が出来ます。

 

しかもその要請対象とされたのは述べ約100サイト以上・・・。

 

通常の検索結果は1ページにつき10件表示をしているのですから、恐らくWEB上の全てのクレカ現金化に関わるWEBサイトが注意されたコトを予見する内容です。

 

この要請は2012年頃に発表された内容で、近年は消費庁の特設ページを見ても分かるようにあまり問題意識のレベルとして軽視されている事が伺えます。

 

かと言って許されている事には繋がりません。

 

リスティング広告を運営する検索エンジンの規定には、クレカ現金化案件の掲載は認められていない事が掛かれていたり、広告のみならず印刷会社でもこうした案件に関する依頼を請け負いませんという告知もしているところが有るように、社会全体に問題意識が既に定着しているという素晴らしい状況です。

 

ただ、お店側としては困ったモノ。

 

サービスの告知や周知をする事が難しくなり、クレカ現金化に関するワードを検索する人から集客しなければならず、逆にこれまでに知らなかった方を集める事が出来ず、業者間の間で熾烈な広告枠の奪い合いをしているものと推測されます。

 

今現在はサービスを知っている人をいかに集めるかが生き残り術、分岐点と考えられ、WEBサイトにSEO対策を施している業者を確認出来ます。

 

検索順位の掲載位置が上位であればあるほど、見込み客に閲覧されやすくなり、必然的に利用者をかき集められると考えられているからです。

 

・・・と言う事はですよ?それだけお金(広告費)を使っていると言う事を考えますと、その業者が本当に優良なのか否か判別が簡単ではないですか?目立つ業者はいつも決まっているようにも感じませんか?・・・利用しない方が良い業者の筆頭として考えましょう。

続きを読む≫ 2015/10/08 19:52:08

クレカ現金化はショッピング枠を利用する事に意味が有りますので、商品を取り扱う場所はリアル店舗だろうがネットショッピングであろうが関係が無くなってきています。

 

店舗型を使う理由の主な理由は、店員の顔が見たい、これに尽きるようで、サービスについて調べると無店舗型は少し怖いイメージがどうしても拭い切れないのは確かで、とにかく直接顔を合わして説明してくれることを希望する方が多いようです。

 

顔が見えるから安心・・・しかし、換金を達成する為には商品購入が必要不可欠な手順となりますが、店舗型の場合ですとその場でクレカ決済を行う事は無く、「どこどこのお店でこの商品を買ってきてください」、もしくは「これからウェブ上でこの商品をクレカ決済で購入し、配送先をこちらにしてください」という具合に指南され、商品の確認や購買を確認した後に現金を渡しているようです。

 

買取型の仕組みが実店舗型の特徴とも言えますが、指定される商品のほとんどが換金性の高い商品で有る事に気付きませんか?家電やブランド品、商品券や各種乗車券など、業者としても後に売り捌けやすい品物を選定されますので、必然的に換金性の高い商品を購入する運びになります。

 

これはあまり比較サイトでは発信されていない情報かもしれませんが、国内で決済するほとんどの明細を見ますと、どこで購入したのか、その会社名は、その商品は・・・すべて日本語で分かるようになっており、これは自分自身の利用明細をご覧になっていただければ明白に理解できます。

 

つまり、発行元のクレカ会社も何に対して決済を行ったのか把握して居るという事で、実店舗型の場合ですとクレカ現金化目的に利用した事がバレやすいと言え、無店舗型の場合ですと国内の決済代行会社を利用する事が審査上厳しいのか、これは実際に無店舗型を利用した人にしか分からないのですが、無店舗型の多くでは英語表記や記号のランダムな記述など、パッと見では何をどこで購入したか分からないように明細が挙がるのです。

 

これについて無店舗型業者に問合せをしたところ、答えてくれないところもあれば安全対策の為と答えてくれるところも有ったり、決済に関わるトラブルのリスクヘッジの為に電子ギフト券を利用するところもあるようです。

 

同じ換金を目的としたサービスであっても、工程は違うからこそ特定した規制が難しく、優良と言われるところもあれば悪質と言われるところも有るのは必然であると言えます。

 

しかし、その判別は簡単には出来ませんので比較サイトを基準に考える以外、見極めは容易い事ではありません。

続きを読む≫ 2015/10/08 19:03:08

グレーな資金調達方法として依然として存在するクレカ現金化商法ですが、多くの比較サイトは事業者から広告報酬を得ているものと推測します。

 

ご丁寧にも掲載に関するお問い合わせは〜なんて堂々と書いてあるサイトがチラホラと見掛ける事があり、それが一つや二つどころでは無く複数サイト確認が出来ること、さらにどのサイトも同じ業者が掲載されており明らかに業者と運営者が癒着していると受け取れるからです。

 

当然、比較サイト運営者はクレカ現金化業者が儲からなければ広告費を請求する事が出来ませんので、少し考えてみればこの関係も納得が出来る構図です。

 

クレカ現金化をしようとしたところで、下調べから入る事が一般的ですが、その下調べの入り口でさえも業者と対して変わらないサービスの押し売りをする比較サイトにぶち当たってしまう事自体が既にデメリットと言えるかもしれません。

 

しかし、そうしたサイトの見極めは初心者にとっては非常にハードルが高く、それとなく書かれた記事の言葉遣いは誤誘導を招くに十分な内容で、利用後のトラブルに責任を負わないとする比較サイト運営者の都が良いように、つまり検討者に良い印象しか与えない内容に特化して発信されています。

 

このサービスはもろ刃の剣で有る事を認識していれば、クレカ現金化業者にとって都合の悪い内容も記載されているはずですからね。

 

デメリットとして紹介されているであろう項目は下記になります。

  1. 振込のスピードや接客対応など店員の応対
  2. クレカ現金化のリスクや世間的な視点
  3. 他社との比較がされずに特定業者の押し売り

基本的にサービスを肯定する内容が強いところは気を付けた方が良いでしょう。

 

クレカ現金化に限った話ではありませんが、サイト運営者の素性を伺い知る事はあまり有りません。

 

何を持って判断するかは発信された情報を自分の頭の中に入れて置くか、無駄な情報として破棄する事も出来るのですから、見たものすべてを鵜呑みにするのでは無く、それを信じて申込みをしたとしても書かれていたことと実際の応対を照らし合わせれば、その業者の良し悪しや比較サイトが悪質かそうでないかも判別する事が出来ます。

 

誰もが世の中の情報を検索する事で知る事が出来る便利な社会ですが、発信する側の人数はそれ以上に居ないこと、中には故意に悪質な情報を流す者が居る事を認識してください。

続きを読む≫ 2015/10/08 17:11:08

クレカ現金化業者が運営を続けている理由はただ一つです。

 

利用する人が居なくならないから。

 

どんなに国民生活センターや消費者庁、金融庁が懸念、注意喚起をしたところでこの現状ですし、一時的なキャンペーンを行っただけで特設サイトは今や全く更新されておらず、WEBページの遺産となりつつある状態です。

 

近年になって逮捕者が現れたコトにより、総量規制が施行された年度に最盛期を迎えた業者数も当時と比べたらかなりの減少です。

 

それでも営業を続けているお店の実態・・・気になりますよね。

 

媒介物の取引に合法性があるだけでは営業を続ける事は不可能であり、換金を求める者たちの需要がなければ運営する事も出来ません。

 

業者を支えているのは間違いなく利用者の存在なのですが、どうして彼らはクレカ現金化に魅せられてしまうのか、デメリットは何処でも書かれている事なので割愛しますが、当事者にとってのメリットについて考えていきたいと思います。

  • 無審査だから過去の履歴関係無し
  • 職場への在籍確認不要
  • 収入証明書提出不要
  • 貸金業でないから履歴に残らない
  • 取り立てや返済を迫る電話など皆無

換金率なんて言葉があるように、正規の貸金業者から資金調達したほうが手数料的には安く上がるものの、こうしたメリットはお金に代えられない項目として、人気を集めているようです。

 

例えば、現在貸金業から借金をしている方が、また貸金業者を利用しようとした場合には経済環境と残りの債務額から利用を断られるケースが有りますが、クレカ現金化ならスムーズに用立てが出来るとして、借金を返済する為に利用する方もいらっしゃるとか。

 

クレカ現金化で借金を返したとしても、クレカ現金化の債務はどうやって返すのでしょうか(笑)

 

だから自転車操業、利用しないでと言われるのですが当然ですよね。

 

まあ利用する事で問題の解決に繋がる事もあるでしょうし、考え得るリスクも最悪なケースと言いますか、本人が返済を滞らせる事が問題であり、クレカ現金化の取引が問題とされる訳では無い事から、本当に自己責任で有る事を十分に理解し、計画を立てて収支バランスを維持し続ける強い意志が必要です。

 

浪費癖からのクレカ現金化の利用が一番危険かもしれません。

 

出費をする事にストレス発散やぜいたくを覚えている人ほど、生活レベルを落とす事は出来ませんし、ちょっとくらいいいやと妥協してしまう方もいるからです。

続きを読む≫ 2015/10/08 16:09:08

クレカ現金化はヤミ金で有ると言う見方が有る中で、グレーな商売の背景には893や暴力団シノギや半グレ集団と言われる者たちが連想されますが、これまでにクレカ現金化を営む者たちから意外な内容が確認出来ます。

 

結論からすると、これまでに逮捕されたクレカ現金化業者で働く者たちは、上記に該当されるような人物では有りません。

 

たしかに貸金業も並行して運営されていた方も居ますが、先ほどの様な関係を示す報道はこれまでも確認がありませんが、今現在運営を続けている業者の中にはひょっとしたらそういう類の方々が居ても不思議ではないのかもしれません。

 

現在業者のみならず、個人でも換金が出来るとして換金市場が注目を集めていますが、換金市場が所有する古物営業許可番号を調べると、クレカ現金化業者の許可番号と同一で有る事から、換金市場=クレカ現金化業者という見方がされるようになってきました。

 

表向きには真っ当な企業の様なサイトデザインで代表者のあいさつまで設置されていますが、こうした手段で商売を行う事が彼らのセオリーなのかもしれません。

 

クレカ現金化は媒介物の取引に合法性を確認出来る内容であれば、どなたでも業者として運営する事が可能であるとされていますが、そう簡単にこの商売を始める事は非常にリスクの要ることです。

 

まず元手、利用者に振込を滞りなく行うためのキャッシュが必要で、売り上げをたくさん挙げてもその分振込をしなければならないのですから、100万円や200万円では運営をする事は出来ないでしょう。

 

例えば100万円に対して80万円を換金するとしても、100万円に対する手数料と80万円を差っ引いて多めに考えましても10数万円程度のお金が粗利となり、そこから事務所の経費や人件費、広告費を考えていきますと、ほとんど手元に残らないと言いましょうか、利用者の人数をたくさん集める事が出来なければ儲かる様子はありません。

 

まして、事業者自身もリスクを抱えながら運営をしている事を考えても、一般人が手を出せる様な簡単なビジネスでは有りませんよね。

 

元々お金を持っている方が始めた、という見方が現実的であり、元々お金を持っていると言ってもそのお金は何なのか・・・これまた気になる事ですが、こちらまではさすがに調べが付きません。
いずれにしろ、リスク有る事に変わりないのですから、利用を比較検討する方も利用規約違反で有る事を理解した上で利用をしなければいけないことから、余程切羽詰った状況で無ければ利用しない事を強くオススメします。

続きを読む≫ 2015/10/08 14:50:08

お金が必要だと感じるのは、子供も大人も変わりありません。

 

特に収入が少ないであろう、自我が芽生えた子供達は自分で欲しいものを手に入れられず親に駄々を捏ねたりした経験、皆さんにも有ったことと思いますが、年齢を重ねていくほど欲しいモノの値段も高くなっていきます。

 

18歳19歳というのは、まさにその沸点に達する時期と言いますか、進学や就職によって未来に希望を持って一番溌剌と過ごしている時期ですよね。

 

そういう時期とはまさにこれまでに触れ合ったことの無い世界を体験することで、物欲もそうですが社会的な欲求も求めるようになり、どんな時でもお金が欠かすことのできない存在になっていきます。

 

クレカ現金化は無審査であることを売りに集客している側面がありますので、未成年の方が換金を試みるケースが後を絶たないと店員さんから聞きました。

 

中には、親御さんのクレカを堂々と使いたがるツワモノが存在しているようで、本人確認時に財布から抜き取ったのか親の身分証明書や振り込み先口座情報まで用意周到にしていたようですが、明らかに声や疑わしいので顔写真を送らせてみたらやっぱり黒だったということです。

 

そもそもクレカ現金化の始まりは商品券の換金からスタートしたようですが、これは古物営業法に基づく運営ですから、20歳以上でないと利用できないことの名残で、還元式にしても断られている要因でしょう。

 

中には未成年でも利用できる業者と題し、紹介している比較サイトがいくつか確認することができますが、あくまでこれは業者で意図してない、メディア運営者が勝手に書き下した内容に過ぎず、大抵断られるケースが100%と言っても過言ではありません。

 

お店側もそれを察知してか、リンクを拒否しているURLがちらほらと見掛けますが、未成年の様な世間知らずの者にこうした悪質な情報を流している者には本当に腹立たしいと感じませんか?

 

中には真面目にクレカ現金化というサービスに向き合って適切な情報を発信している方もいるのに、こうした輩がいる限りはこのサービスもますますイメージが悪くなる一方です。

 

どうしても金策しなければならない方にとっての駆け込み寺として、今もなお必要とされている需要に応えているからこそ運営を続けているお店が存在しているのですから。

 

未成年の方で現在ご覧になっている方がいらっしゃいましたら、どうかクレカ現金化をせずに真面目に勉強や仕事に勤しんだ方が余程将来困らなくて済む大人になりますよ。

続きを読む≫ 2015/10/07 14:10:07

ホーム RSS購読 サイトマップ